口周り 乾燥 ワセリン

口周りの乾燥にワセリンが効かない理由

口周り 乾燥 白色ワセリン

口周りの乾燥にワセリンをオススメする方がいます。確かにワセリンは肌の水分の蒸発を防ぐ効果があるので、乾燥肌対策にオススメという理由はわかります。

ですが、乾燥肌の改善に重要なカギを握るのは保水と保湿。

 

ワセリンには口周りの乾燥を改善できるほどの保湿効果はないんです。あくまで、肌の表面を油膜のように覆って守るだけの効果に限られるんです。もちろん、ケガした時に雑菌の繁殖を防いだり、健康な肌の乾燥を防ぐ効果は期待できます。でも、口周りの乾燥対策としてのスキンケア効果を発揮するほどの保湿力はないのです。

 

乾燥肌のためのスキンケアの基本は、化粧水などを使って角質層に保湿成分と水分を浸透させるのが第一のステップ。油分系の保湿剤で肌の表面を油膜で覆って、水分の蒸発を防ぐのは第二のステップです。ワセリンが役立つとすれば、第二のステップの時なんですね。だから、口周りの乾燥が酷い時には、ワセリンを塗ったところで改善する効果は低いわけです。

 

 

薬局ではベビーワセリン、白色ワセリンなどの商品名で、しかも数百円程度という値段の安さの割にそこそこの保湿力もあることから、口周りの乾燥の改善にもワセリンが役立つと思われているようですが、じつはほとんど効果は期待できません。もし可能性があるとすれば、肌の乾燥の予防だけです。
ちなみに、ワセリンは皮膚科の処方箋が必要な肌荒れやアトピー用の塗り薬の基剤として、ドラッグストアで買える乳液やクリーム系のスキンケア用化粧品にも保湿成分の一部として使われています。基剤としては優秀でも保湿効果は低いということです。

 

ただし、口の周りの肌が以下の状態になってい保湿のスキンケア自体が無理な場合は、ワセリンでの保護は推奨されています。

 

  • 乾燥による炎症が原因で赤みが出てヒリヒリする
  • 白い粉が噴くほどの皮むけ
  • かゆみやかぶれが出ている

 

ではなぜ、ワセリンが口周りの乾燥に効かないのか、まずは効果・効能や特徴をいくつか挙げてみましょう。

 

  • 皮膚の表面に薄い膜を張ることで角質層の水分蒸発を防ぐ
  • 角質層の奥までは浸透しないので保湿力は弱い
  • 安全性が高く赤ちゃんの肌トラブルにも使われる
  • 副作用はなく、万一起きてもかぶれ(発赤・かゆみ)程度
  • 目や口周りにも使えるほど安全性が高い

 

リストアップした項目を見ればわかるように、皮膚科でも乾燥肌の改善のために初期段階の治療法として、ワセリンを使うことがあります。これはワセリンで潤いを取り戻していけるかの確認が目的だそうです。

 

角質層の水分蒸発を防ぐ

 

冒頭でも紹介したように、ワセリンは乾燥した口周りの肌からの水分の蒸発を防ぎます。この点では効果的に思えるかもしれませんが、問題は肌が乾燥している場合、角質層には天然の保湿成分として、肌の水分を角層の内部で保持する作用をもつ、セラミドという保湿成分の量が少なくなっています。そんな状態でワセリンを塗ったところで肌のうるおいを復活させられるわけがない。

 

角層の水分蒸発を防げますから、もし口周りの乾燥対策にワセリンを使うなら、やはり単独で使うのではなく保水効果の高い化粧水を使った後にしておきましょう。

 

角質層の奥まで浸透しない

 

ワセリンは数ある保湿剤のなかでも、表皮のごく浅い部分の保湿に使われます。高い保湿成分として有名なセラミドやヒアルロン酸は、角質層の内部で水分を抱え込み肌の潤いを維持してくれるのに対し、ワセリンには保湿成分の浸透作用は確認されてません。あくまで皮膚の表面に膜を張って水分の蒸発を防ぐだけ。

 

スキンケアの基本は、化粧水のあとに乳液かクリームでフタをすること。その基本に従ってワセリンを口周りの乾燥対策に役立てるなら、先に化粧水を使うのがセオリーといえます。また、後述しますが、セラミド系の化粧水のあとにワセリンを使うのは効果的なスキンケアといえます。

 

 

以上の点から、ワセリンで改善が見込めるのは、軽度の口周りの乾燥肌に限られます。皮がめくれるなど重症レベルだった私の場合、セラミドやヒアルロン酸による丁寧なスキンケアを続けたほうが結果は良かったです。特にセラミドによるケアは正しく使えば1週間程度で大丈夫でしたよ。

 

 

口周りの乾燥はワセリンよりもセラミドを使ったスキンケアが重要

 

良質なセラミドの見分け方について解説

というと、「わかった!セラミド入りの化粧水とかクリームを使えばいいのね。」と思うかもしれませんが、ちょっと待ってください。

 

セラミドと一言で言っても、その種類は意外に多くて、口周りの乾燥肌に効果が期待できるものもあれば、そうでないものもあります。美容業界で乾燥肌に良いとされているのは、「天然セラミド」や「ヒト型セラミド」と呼ばれているものです。ローションやクリームに配合されている場合には、原材料表記の欄にセラミド1とかセラミド2などといったように数字がついています。

 

そしてさらに重要なのは、その配合量と値段です。たとえ最強の保湿力があるといっても、配合量が十分でなければ口周りの肌のうるおいを取り戻すのには時間がかかってしまいます。なので、十分な量のセラミドが配合されているかどうかを確認しましょう。では具体的に、どうやって確認すれば良いのでしょうか。

 

  • セラミドの高保湿性をアピールしているかどうか
  • 値段が3000円以上かどうか

 

まず、セラミドの高保湿性をアピールしている保湿ローションは、ヒト型セラミドや天然型セラミド、最近ではナノ化して角質層に浸透しやすいタイプのローションも登場しています。これらのローションやクリームには高い確率で乾燥肌の改善に役立つ量のセラミドが配合されていると判断して良いでしょう。ワセリンよりもはるかに高い保湿力があるはずです。

 

値段が3000円以上かどうか、という点ですが、これは美容皮膚科医の吉木伸子先生の著書『美容皮膚科のカリスマドクターが教えるスキンケアの新ルール』のなかで、次のように言っています。

 

  • セラミドはまがい物も多く出ているので注意が必要
  • セラミドという表記のあとに数字がついていて3000円以上のものを選ぶこと

 

ワセリンとは違い、本物のセラミドは原価が高いこともあって、数百円程度の値段ではとても販売できないものだそうです。もし、3000円に満たないセラミド入りの保湿化粧品などを見つけた場合は、まがい物が含まれている可能性もあります。

 

参照:美容皮膚科のカリスマドクターが教えるスキンケアの新ルール

 

 

ここまで説明すると、「えっ3000円もかかるなんて買えないじゃない・・・」と思われる方もいるかもしれませんね。

 

その場合は、通販で手に入るお試しセットを利用させてもらうことで、保湿剤にかかる費用を抑えながら乾燥した口周りのケアを続けられます。裏ワザというわけではありませんが、後ほど紹介しますね。

 

小林製薬・ヒフミドの化粧水(トライアルセット)とワセリンを組み合わせる

 

口周りの乾燥にセラミド入りの化粧水とワセリンを組み合わせると、効率よくスキンケアができます。たとえば、ひとつの例として小林製薬が販売しているヒフミドの化粧水(エッセンスローション)があります。ヒト型セラミドを配合していて、保水力が一般品の3倍以上ですから、これだけでも口周りの乾燥を改善できそうなほどの保湿効果が期待できる。

 

でもヒフミドの化粧水は単品でも価格が3000円以上の乾燥肌用のコスメです。でも、トライアルセットなら本商品と同じ容量の化粧水が、お試し価格で手に入ります。

 

ヒフミドの化粧水(1カ月分)付き専用の公式ページ

 

トライアルセットは他の乾燥肌用のコスメブランドも販売していますが、ほとんどの場合、お試し用の小さなボトル。口周りの乾燥のケアに使えるほどの量はないので、ワセリンと組み合わせたスキンケアには使いにくいかもしれません。もし、ご自身で本商品と同じ容量の化粧水をお試し品として請求できる化粧品を知っている方は、併せて検討してみましょう。

 

ヒト型セラミド入りの化粧水をお試し用の値段で手に入れて、ワセリンを組み合わせて口周りの乾燥ケアに使う。これだけで、乾燥肌用のスキンケアとしては満点だと思います。

 

 

 

市販の薬で口周りの乾燥は改善できる?

 

ワセリンに効果が期待できないのなら、市販の薬はどうでしょうか?
薬局に行くと、乾燥肌に良いとされる薬(クリームやローション)が販売されていますが、それは口周りの乾燥を改善するのに効果が期待できるのでしょうか?

 

実はわたし自身も、薬局で購入した乾燥肌用の薬を使ってみたことがあります。
ヘパリン類似物質という成分が配合されたローションで、お風呂上がりなどのスキンケアの一環として使うと、確かに口元の肌がしっとりとして、肌のカサカサは一時的にマシになりました。

 

ただ、数時間後に口の周りがムズムズとした痒みが出てきたり、赤くなったり、最終的には皮膚にピリピリ感が数時間ていど続くなどの副作用らしき症状に悩まされました。

 

調べてみると、ヘパリン類似物質には少なからず副作用があることがわかっているようで、私と同じ症状に悩んだ方も実際にいるようです。もちろん、全ての方にそんな副作用が出ることはないでしょうが、口周りの皮膚は薄くてデリケートであることを考えると、慎重に検討したほうがいいかもしれませんね。

 

結局、私の口周りが乾燥状態から解放されたのはセラミドを使ったスキンケアを丁寧に続けること。特にセラミドは、元々私たちの角質層に含まれる成分なので、それこそが根本的なケアといえますね。

 

 

 

 

 

 

 

ワセリンと保湿化粧品とではどちらが有効なのか

 

基本的に、保湿化粧品は口の周りの乾燥の改善を助けるもの、ワセリンはある程度の潤いが残ってる肌の保護に使うものという点を予めご了承ください。

 

ワセリンと保湿化粧品はどちらも口の周りに塗ることができ、保湿剤としても活躍してくれます。では口周りの乾燥ケアを目的に使う場合、どちらが有効と思えるのか。

 

ワセリンの特徴は冒頭でも挙げたので、今回は保湿化粧品の特徴を挙げてみましょう。

 

  • セラミドやヒアルロン酸など、保湿力の高い成分が含まれている
  • 角質層の内部に浸透して水分を抱え込んで潤いを保つ
  • ワセリンに比べて値段が高い

 

ざっくりとした特徴ですが、こんな感じでしょうか。

 

以上の特徴から考えると、角質層の内部で水分を抱え込むことができる保湿化粧品は、ワセリンよりも口周りのケアの面ではより使いやすそうです。口周りの乾燥を改善する鍵は冒頭でも解説したとおり保湿ですよね。ということは、水分の補充と共に表皮に膜を張ることができる保湿化粧品はワセリンよりも口周りのケア用品として使いやすいと判断できそうです。

 

 

ただし、そんな保湿化粧品も成分の浸透は角質層まで。口周りが重症レベルまで乾燥し切ってしまっている場合は、皮膚の基底層から改善をはかる必要があります。そのため、基底層に働きかけて弱った細胞の修復作用をもつ、ヒルドイドという皮膚科処方の治療薬のお世話になる必要がありそうです。アトピーでもない限り、薬に頼る必要はなさそうですが、とりあえずの知識として覚えておくといいと思います。

 

また、ヒルドイドはワセリンやセラミドローションなどとは違い、副作用があることもわかっています。なので、口周りへの塗布量、回数などは皮膚科医の指導のもと、正しく使う必要があります。乾燥肌の改善効果が高い反面、その使い方を間違うと副作用に悩むことにもなりかねませんので、この点は予め注意しておきましょう。

 

または、細胞間脂質のケアができるような保湿剤を利用してバリア機能を強化できれば、口周りの乾燥の改善を目指したケアができる。その際は、セラミドが含まれた保湿剤を使うことで、ワセリンではできなかったケアができると思いますよ。

 

口周り 乾燥 皮むけに有効な保湿剤