口周り 乾燥 オロナインh軟膏

顔全体に塗るなんて言語道断!口周りの乾燥が悪化する恐れ大

最近、オロナイン美容なる言葉が流行っていることを背景に、口周りの乾燥を改善する目的にも使っている方がいるそうです。オロナイン美容とは、お風呂上がりなどのタイミングで顔全体に塗って、クリームの乳白色が透明になったらタオルなどで拭き取るスキンケア方法の一種。

 

今回は、オロナインh軟膏による口周りの乾燥肌対策にまつわる疑問に答えたいと思います。オロナインって、そもそも顔に塗って大丈夫なの?ステロイドが含まれているんじゃないの?薬である以上、副作用があるんじゃないの?と疑問に思っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

さて、この美容法を実践する方のなかには、塗ったまま寝るという方もいるようで、オロナインh軟膏による肌への影響を知っている私にすれば、ちょっと怖い方法だな〜と思うのですが、美容関連の有名人である佐伯チズさんなどは、水溶きオロナインを肌荒れ対策としておすすめしていることもあり、いつの間にか、彼女が紹介するなら安全なのだろう、という認識が一気に広まったのかもしれませんね。

 

 

たしかにオロナインは、クリーム状の軟膏ですし顔全体に塗った後のベトベト感は保湿効果が実感できそうな錯覚を覚えます。毎日塗っていれば、口周りのカサカサ感も、赤みやかゆみなどの症状にも効きそうに思えますよね。

 

でも、オロナインは、口周りの乾燥に使ってよい薬ではありません。なぜなら、皮膚の潤いを保つのに必要な常在菌が死滅してしまうからです。私たちの皮膚の表面には、肌トラブルの元になる悪玉菌、肌の潤いを保ってくれる善玉菌が存在していますそれらをまとめて、皮膚常在菌といいます。

 

健康な肌は、善玉菌が優位な状態でバランスが取れているため、ニキビができにくかったり、トラブルを起こしてもすぐに回復したりする。つまり、善玉の皮膚常在菌が活躍してくれるから、口周りの皮膚も健康な状態を保てるのです。

 

オロナインは、強力な消毒薬であるグルコン酸クロルヘキシジン含有の皮膚用抗菌剤。ニキビ菌などを殺菌する効果は期待できますが、肌の乾燥が目立つ場所に殺菌作用のある薬を塗れば、その箇所の皮膚常在菌は全滅です。

 

せっかく口周りの乾燥を治そうとしても、オロナインによる殺菌効果が裏目に出てしまい、結局一向に元のきれいな口周りの肌に近づけない、という結果になっているのです。。

 

オロナインは、肌トラブルにおける万能薬という触れ込みで人気に火が付きましたが、こと乾燥肌に関しては効果があるどころか逆効果になりかねないのですね。ちなみに、大塚製薬の公式サイト内にあるオロナインのページには、副作用の例として乾燥肌が挙げられています。このことからも、口周りの乾燥対策にオロナインを利用するのは使い方として間違っているし、避けたほうが良いとわかるのではないでしょうか。

 

オロナインが口周りの乾燥にも使われた理由

 

なぜ、オロナインが乾燥肌対策に良いと紹介されてしまったのでしょうか。その理由は、オロナインにも少なからず保湿成分が含まれているからです。例えば、皮膚の保護に役立つ、オリーブオイル、ステアリルアルコール。皮膚の表面に膜を張って水分蒸発を防ぐのに役立つ、グリセリンやワセリン。

 

これらの保湿成分が活躍することで、オロナインを塗った後の数時間は、肌がしっとりと潤った感覚が残るのです。スキンケアの専門知識を持たない方は、肌の感覚だけで保湿効果があると早とちりしがちですが、肌の表面だけがしっとりしても、本当は保湿できたことにはならないのです。

 

本来正しい保湿とは、肌の内側に水分を抱え込ませ、その水分の蒸発を防ぐために肌の表面に油分の膜を張ることを指します。そのためには、まず、化粧水などを利用して、セラミドやヒアルロン酸などの保湿作用の強い成分を肌に浸透させる必要があります。

 

その後、乳液やクリームなど、油分系の保湿剤を皮膚の表面に薄く伸ばして、水分の蒸発を防がなければなりません。加えて、適切なスキンケアは毎日続けられる安全なものなのです。

 

口周りの乾燥の改善において、オロナインが果たせる役割はあくまで肌の表面を保護だけです。すでに肌の水分が不足してしまった所に、いくらオロナインを塗っても、肌内部の水分量は増えませんから、カサカサ状態の口周りからは脱却できません。しっかりと、セラミドなどの保湿成分を採り入れて、肌の内側からのケアを検討していきましょう。

 

ステロイドが含まれていないことがせめてもの救い

 

すでに口周りの乾燥対策や、美容の一環としてオロナインh軟膏を使ってしまった方もいることでしょう。その中には、このクリームが薬であり、赤みやかゆみなど、炎症が伴う肌トラブルの治療に使われることから、「もしかしてステロイドが含まれているのでは」、と不安に思った方もいるかもしれませんね。

 

でも安心してください。オロナインにステロイド系の抗炎症剤は含まれていません。したがって、ステロイド特有の副作用などの心配はありません。また、オロナインを少量、しかも短期間使った程度では、肌荒れなどのトラブルを起こす可能性も高いわけではありませんのでご安心を。

 

ただし、乾燥肌に関連するトラブルに効果があるとも言えない点はご注意ください。

 

 

ひび・あかぎれが伴う口周りの乾燥にオロナインは有効?

 

大塚製薬のオロナインに関するページの効果効能の説明には、ひび・あかぎれにも効くと記載されています。口周りの乾燥がひどくなると、ひび割れや赤みなどの症状が出ることがありますし、放置しておくと傷口に細菌が入り化膿することもあり、治療も困難になるケースがあります。

 

ひび・あかぎれが伴っている時は、あくまで化膿対策として一時的に使う程度に留めておいたほうがいいでしょうね。