化粧水で口周りの乾燥を改善する際の注意点

化粧水選びで口周りの乾燥肌の改善力に大きな差が出る3つのポイント

乾燥肌をスムーズに良くしていくなら、化粧水の選び方をぜひマスターしておきたい。
この数年で、化粧水にもいろんな保湿成分が配合されるようになってきていますが、本当に口周りの乾燥肌の悩みに答えてくれる化粧水はごくわずかです。
巷には、「この化粧水にはセラミドが高濃度で入ってるから口周りの乾燥なんてすぐ改善できる・・・、なんて頼もしいことを言ってくれてますが、いざ使ってみると予想以上に乾燥肌が悪化してしまう化粧水もあるほどです。

 

化粧水の宣伝文句は額面通りに受け取るものではありません。やはり、口周りの乾燥の根本改善を目指せるような、肌が本当の意味で元気になるような化粧水を選びたいもの。当ページでは、口周りを含めたお顔全体の乾燥に悩む方にとって、強力なスキンケアのパートナーとなる化粧水の選び方を紹介したいと思います。ぜひ、参考にしていただき、水分を失った肌をよみがえらせるための一歩を歩んでくださいね。

 

 

化粧水を選ぶときは保水力の高い成分を基準にする

 

化粧水を選ぶ場合、肌の水分量が増える効果が期待できる成分が含まれていることを確認します。今のところ高い保水効果がある成分はたったの2種類。ヒト型セラミドとライスパワーエキスNo.11というたったの2種類しかないのが現状です。市販の化粧水にも、セラミドなどの保湿効果の高い成分は含まれていますが、配合量が少ないため肌の水分量を上げる効果までは期待できません。

 

これだけ多くの化粧水を開発しているにも関わらず、化粧品会社は一体何を研究してるんだ・・・、とツッコミを入れたくなりますが、今のところ口周りに塗れる安全性と、乾燥肌の改善を本気で目指せる効果を兼ね備えた成分は、たったの2種類しかないのです。

 

 

乾燥肌用の化粧水のなかで、特に保水効果が高いとされているのが、ライスパワーエキスNo.11と、ヒト型セラミド。

 

ライスパワーエキスは勇心酒造が日本のお米から発見することができた画期的な成分で、角質層内部の水分保持能を改善する効果が認められているほど。乾燥肌用の化粧水にも含まれている保湿成分の一種ですが、外部からセラミドを補充するという補充療法的なやり方ではなく、肌の内部でセラミドの分泌をうながす効果が確認されてます。

 

ヒト型セラミドは保湿効果と角層の保水効果の高さにおいては、通常のセラミドの3倍以上というデータもあり、口周りの乾燥肌に悩む方のスキンケアには非常に優秀な成分。セラミドは湿度が極めて低い環境でも、肌の水分量を維持できるほどの保水力をもっています。化粧水を利用して、セラミドを肌の内部に補充しておけば、一定の時間は乾燥を防ぐことができるほど。

 

基本的に、化粧水を利用して口周りの乾燥の改善をサポートする場合、ヒト型セラミドかライスパワーエキスが配合された化粧水を選ぶことになります。願わくば、化粧水に両成分を同時に配合されていれば相乗効果が期待できそうな気もしますが、残念ながら化粧品会社の利権等の関係で、今のところ実現に至っていません。

 

ただ、化粧水をメインに口の周りの乾燥肌のケアをする場合、いずれか一方の化粧品を選べば十分です。あとは化粧水を使った後に、一般的な保湿クリームで口周りの肌に油膜を張っておけば、保水効果は十分に発揮されますし、乾燥肌用のスキンケアは完了です。

 

 

 

【口周りの乾燥の改善に効果をあげる化粧水の3つの条件】

 

  • 化粧水の原材料の欄に数字のついたセラミド、ヒアルロン酸、ライスパワーエキスNo.11のいずれかが記載されている
  • 値段が最低でも3000円以上するものを中心に選ぶ
  • 乾燥肌に特化していて口コミでの評価が高いコスメブランドの化粧水を中心に選ぶ
  • デリケートな口の周りにも使える安全性を兼ね備えている

 

化粧水は保水&保湿効果に優れたものがオススメ

 

口周りの乾燥改善にオススメの化粧水の特徴は、数字のついたセラミド、そしてヒアルロン酸、他にもライスパワーエキスNo.11などの保湿成分が含まれていること。どの成分も口周りの皮膚が乾いて干からびたでも角質層の内部を水分で満たす作用が期待できるので、健やかなお肌に導く効果も期待できます。

 

今回はそのなかから、セラミドを例に挙げて説明してみましょう。

 

一般的な化粧水には、成分表示欄に「セラミド」とだけ記載されていて数字がついていないことがあります。口の周りの乾燥肌の改善を狙う場合に推奨したい成分はあくまで数字のついたセラミド。もしくは、口周りの角質層の内部で自前のセラミドの分泌を促すライスパワーエキスなどの保湿成分です。

 

配合されているセラミドが本物であれば、1〜3の数字やアルファベットが付いています。このことは、皮膚科医で美肌づくりに関する本を出版されている専門家も、その書籍で指摘しているので興味のある方はご確認ください。※口周りの乾燥に特化した書籍ではありませんが、基本的な考え方は同じなので参考になるかと思います。

 

参照:美容皮膚科のカリスマドクターが教えるスキンケアの新ルール

 

この本によると、一般に流通している化粧水に含まれているセラミドは質の低いものも多く、保湿効果も乏しいものが多いそうです。だからこそ、化粧水に保水&保湿効果を期待して購入する場合は、最低でも一つは数字が付けられているかの確認が必要ということです。特にセラミド2は保湿効果に定評があるので、皮膚への刺激性に問題がなければ、乾いた口周りのケアとしてぜひ採り入れたい成分。

 

なので、質の低い保湿成分では、乾燥状態にある口周りの肌を良い方向へと導くことは難しいかもしれませんね。もちろん、そんな化粧水でも、乳液や美容液などで保湿成分を補えば、口周りの潤いを取り戻せる可能性は十分にあります。でも、美容液などを組み合わせて使えばコストが高くなり結局非効率なスキンケアになってしまいます。

 

なお、著者は、化粧水よりもセラミド入りの美容液をオススメしています。化粧水を薦めない理由は、皮膚科学に基づいたもので肌の内部で水分を抱える成分を補充すれば皮むけを起こすほど口周りが乾いていても良好な皮膚に導けるからだそうです。

 

ただ、他の皮膚科の先生は、化粧水であろうが美容液であろうが、保水力や保湿力の強い成分が口の周りの角質層の中に補充できれば乾燥肌は良くなっていくので、アイテムの種類にこだわる必要はないとも言われています。

 

ちなみに、化粧水に比べて美容液は値段が高いわりには分量が少なすぎるので、口周りの乾燥肌を改善する目的ではオススメはしていません。ただし、予算に都合がつくなら試してみるといいかと思います。

 

ただ、期待できる保水作用はどちらもそれほど差はないはずですし、脱水状態にあるお肌には水分と保湿成分を同時に浸透させたほうが良い効果が期待できると思います。

 

値段の安すぎる化粧水は乾燥肌の改善には向かない

 

化粧水は値段の高いものから安いものまでピンキリですが、保湿成分の原価を考えるとあまりに安価な化粧水は、乾燥肌用としてはオススメできません。セラミドは原価が高いという欠点があるので、化粧水に十分な保湿効果が期待できるほどの量を配合すると、1000円以下では販売できない事情があります。化粧水だけで健康な肌を短期間で取り戻したいと願う場合、3000円以上になっているかを確認するといいでしょう

 

また、ヒアルロン酸やライスパワーエキスNo.11なども、原価の高い保湿成分です。特にライスパワーエキスNo.11は、厚生労働省から水分保持能の改善に効果があると認められている機能性素材でもあり、先の二つの成分に比べて高い付加価値があります。その分、どうしても値段が3000円以上となってしまうんですね。

 

化粧水のねらい目は口コミサイトでの評価

 

化粧水に優秀な保湿成分が含まれていても、乾燥肌用のジャンルで評価されているブランドのものを選んだ方が効果的なスキンケアができるはずです。一般コスメブランドの化粧水のほとんどは、あくまで健康な肌を維持に役立つことを目的に作られています。乾燥肌用と記載されていても、それはあくまで予防を意味するもので、改善を目指す方に向けではないのです。

 

なので、口周りが激しく乾燥している場合は、口コミサイトなどをチェックして、利用者からの評価が高い化粧水を中心に選ぶことをオススメします。特に口コミの投稿数が多くて評価を示す星の数も多いブランドのアイテムは試す価値があります。逆に評価の星の数が多い場合は、業者によるサクラの可能性もあるので、あくまで評価の数との相対価値で判断するといいでしょう。

 

 

オススメの化粧水3選!口周りの乾燥対策に使えるコスメブランド

 

ここからは、実際に口周りの乾燥を効率よくケアしていくうえでオススメのブランドの化粧水を紹介していきます。特に、肌の水分量の保持に役立つといわれるセラミド部門、自前のセラミドの分泌を促す効果が高いといわれるライスパワーエキス部門に分けて紹介していきます。参考にしてくださいね。

 

小林製薬・ヒフミドエッセンスローション

 

ヒフミドの化粧水は、乾燥肌用に特化した化粧品ブランドの保湿ローション。安全性が高いので口の周りにも安心して使用可能。セラミドという保湿成分を有名にした立役者的な存在でもあります。配合されている、ヒト型セラミドは従来の保湿成分と比較して3倍以上の保水力があります。口周りの乾燥肌に悩んでる方の中にも、すでに愛用者も多く口コミサイトでの評価数も多いので、第一の候補としておくといいでしょう。

 

ディセンシア・アヤナス

 

乾燥性敏感肌の方向けの化粧水で肌が刺激に負けやすい方におすすめです。ディセンシアはポーラオルビスグループが設立した乾燥性敏感肌専門のブランド。そのブランドの化粧水なら、口周りというデリケートな部位にも使いやすい。また、この化粧水には、通常のセラミドを20分の1サイズまで小さくしたナノセラミドスフィアという保湿成分が配合されているので角質層への浸透力が非常に高い。こちらも、口コミサイトでの評価は数が多く、★の数も多い。

 

ライスパワーエキスNo.11配合の化粧水・ライースリペアのローション

 

ライースリペアの化粧水は、ライスパワーエキスのパイオニア的な存在の勇心酒造が開発した化粧品ブランド。乾燥肌の改善を目指すスキンケアをコンセプトにしており、外からセラミドを補充するのではなく、角質層の内部でセラミドの分泌を促す作用が期待できます。その水分保持能は厚生労働省も認めているので、根本改善を目指す方にオススメです。肌が自ら口周りの乾燥の改善に向けて積極的にセラミドを増やしてくれるようになるかもしれませんね。