口周り 乾燥 馬油

馬油で口周りの乾燥肌を改善できるか

馬油は口周りの乾燥肌のケアにも利用できる万能な保湿剤といわれています。不純物が含まれておらず、肌に刺激を与える成分もふくまれていないので、肌が敏感になっている時でも使える点で多くの方から評価されています。ただし、他の油分系の保湿剤とは違う性質をもっているため、使い方を間違えると効果が得らないばかりか、かえって肌の乾燥を招きます。

 

なぜ、馬油の使い方を間違えると肌の乾燥を招くのでしょうか。その理由は馬油が他の油分系の保湿剤とは違うプロセスで肌に浸透するからです。一般的に乳液やクリームなどの油分系の保湿剤は肌の表面に留まります。ところが、馬油は油分でありながらも肌に浸透していく特徴があり、肌の表面を覆うことはできないのです。

 

基本的には、油分系の保湿剤は化粧水の後に使いますよね。この理由は、化粧水で肌の潤いを保つのに必要な水分と保湿成分が蒸発してしまわないようにするためですが、これはあくまで、油分系の保湿剤が肌の表面をパックのように覆うことができるからなんです。でも、馬油は角質層に浸透してしまうため、一般的な油分系の保湿剤と同じ機能性を発揮できないのです。

 

ただ、誤解しないでくださいね。馬には微力ながらも肌の炎症を抑える働きがあるので、かゆみや炎症を伴う口周りの乾燥に悩まれている方のケアとしてはじゅうぶん使えます。あくまで使い方が他の保湿剤とは異なるので、効果が実感できない方が多いというだけのことなんですね。

 

口周りの乾燥を癒す馬油の使い方とは

 

馬油は他の保湿剤とは違うということは上述した通りです。では、口周りの乾燥肌のケアに馬油を使う場合は、一般の保湿剤とは逆の順番で使うことで、馬油の効果を引き出すことができます。つまり、洗顔後すぐに馬油を顔全体に擦らないように塗布し、そのうえから化粧水を塗布するのです。

 

馬油が肌に塗布した後すぐに浸透していくことは上述しましたよね。この特徴を利用して、化粧水に含まれているセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分と、肌の潤いに不可欠な水分を角質層の奥まで送り届けることができます。その後、油分系の保湿剤かワセリンニベアなどを利用して口周りの肌を覆うようにしておきましょう。これは、馬油にはクリームや乳液のように、肌の表面を覆う作用がない欠点をカバーするための措置です。

 

ただし、市販の化粧水を口周りに塗布する場合は気をつけてください。市販の化粧水にはアルコールや香料や防腐剤など、肌への刺激が強い成分が含まれていることがあります。その化粧水を使う前に馬油を使っていると、肌への負担が強い成分まで浸透させてしまうことになりかねません。馬油を口周りの乾燥ケアに使う場合は、化粧水を敏感肌用のものを選ぶようにしておきましょう。

 

馬油の安全性について

 

口周りに馬油を塗るとなると安全性が気になる方も多いことでしょう。馬油は基本的に不純物が含まれていないので、舐めてしまっても問題ありません。不味くて不快になるだけであって、基本的に無害です。ただし、清潔でない手で馬油を使っている場合や、開封して時間が経過している馬油は、参加していたり菌が繁殖してしまうこともあるので、必ず清潔な手で扱うようにしてくださいね。

 

馬油の臭いが気になる方は無臭のものを

 

薬局には色んな種類の馬油が販売されています。無臭のものから、ワセリンなどの保湿剤とブレンドしたものまであります。口周りなど顔のケアに使う場合は、無臭の馬油がおすすめです。ブレンドされた馬油やろ過が不十分な馬油は癖のある臭いがありますので、使い続ける気力が失せることがあります。臭いが気になる方は無臭で質も良いと評判の、尊馬油を選ぶといいかもしれませんね。