皮膚のバリア機能を高める

皮膚のバリア機能が高くなれば肌の乾燥も怖くない

皮膚のバリア機能のイメージ

口周りの乾燥を改善する最も有効な手段は皮膚のバリア機能を高めることです。これは日頃から適切なスキンケアができていればおのずと皮膚のバリア機能も高い状態で維持できるものです。現在なんらかの肌トラブルを抱えている方でも、保湿効果の高い成分を含む化粧水や乳液を使ったスキンケアができていれば、徐々に皮膚のバリア機能が高くなっていくものです。

 

 

 

でも、口周りの乾燥に悩まれている方の中には「私も日頃からお肌のお手入は欠かさずやっているけど、一向に口周りの乾燥が改善する兆しが見えない。これでは皮膚のバリア機能が高くなっているようには思えない」とおっしゃる方もいらっしゃるようです。丁寧な保湿ケアをしても効果が出ない原因は主に2つ。ひとつは普段使っている洗顔料やクレンジング剤の洗浄力が強すぎること。ふたつめは顔の汚れを落とす時に肌をゴシゴシと擦るようにして洗っていること。

 

皮膚のバリア機能が回復しない女性

 

 

 

 

保湿化粧品によるお手入れは完璧でも、洗浄力と摩擦という二つの要因が、皮膚のバリア機能を低下させ、口周りの乾燥が改善されない状況を作ってしまっているのですね。保湿化粧品で肌のコンディションをポジティブな状態に維持できていても、メイクオフと洗顔料で口周りの肌に大きなダメージを残してしまっている。いうなれば、アクセルを踏みながらブレーキを踏んでいる状態です。

 

洗顔とクレンジングを見直すだけで低下した皮膚のバリア機能も急速に回復する

 

洗い過ぎと擦り過ぎを避ける

皮膚のバリア機能を高めるために必要なことは2つ。口周りの皮脂を必要以上に落とさない。ついで肌を擦らない。この2点に気をつけて洗顔するだけでも皮膚のバリア機能の防御力の回復をサポートすることができます。そのうえで日頃の保湿ケアをしていけば、肌の自浄作用が働き、口周りの乾燥を効率よく改善していける可能性が高まります。

※自浄作用とは自ら良い状態に近づこうとすることで健康的な肌細胞が持つ自然なメカニズム

 

洗顔料・クレンジング剤選びに悩む女性

ではどんな洗顔料とクレンジングを選べば、皮膚のバリア機能を高めることができるのか。選択基準のひとつに合成界面活性剤が含まれていないものを選ぶこと。石油系の合成界面活性剤は脂汚れを分解する力が強いので、濃いメイクも顔の汚れも簡単に落とすことができる一方で、肌の健康を保つのに必要な皮脂や天然の保湿成分まで除去してしまうデメリットがあります。例えゴシゴシ洗いで肌を擦らなくても、強すぎる洗浄力の影響で肌の潤いを保つのに必要な水分を肌の内部で抱えることができなくなるのです。

 

今までオイルクレンジングや拭き取りシートで肌に刺激を与えながらメイクを落としていた場合、皮膚のバリア機能も弱くなっている可能性があります。クレンジングや洗顔の後に肌がつっぱると感じる場合は、すでに肌が乾燥し始めているかもしれません。口周りの乾燥を少しでも効率よく改善していくためにも、まずはアイテム選びに気をつけてみてください。

 

皮膚のバリア機能を助ける保湿化粧品を利用すれば効果倍増!

 

保湿効果の優れた化粧品

口周りの乾燥を短期間で改善するにはクレンジング&洗顔の後に、化粧水や乳液を使ってケアすることが大切です。洗顔後の保湿ケアができていなければ皮膚のバリア機能は弱いまま。化粧品を利用して外部から皮膚のバリア機能を助ける成分を補充してあげることで効率的ななケアができるのです。

 

多くの方はすでに化粧品でのケアは実施済みだと思いますが、保湿ケアで重要なことは化粧水で補充した水分と有効成分が外部に逃げないようにすること。そのためにも、水分を肌の内部で抱える作用が高い保湿成分を補いながら油分系の化粧品を使うことが重要です。よほど口周りの乾燥が重症化していなければ、市販の化粧水と乳液orクリームでも対応できるはずなので最寄りの化粧品販売店や薬局当で探してみてください。

 

もし口周りの乾燥が重症化していて、皮膚科に行く暇がない場合は、皮膚のバリア機能を高めることに特化した化粧品を一時的に利用するのも良いと思います。その際は、セラミドやヒアルロン酸などの保水力の高い成分やライスパワーエキスなどの水分保持機能を高める成分が含まれた保湿化粧品が効果的です。インターネットで探せば、皮膚のバリア機能を高める効果をPRしている化粧品も多くなっているので参考にしてくださいね。